KODAWARI MONO

Information

This article was written on 23 10月 2011, and is filled under ワザのMONO.

職人の技が光るGILD design(ギルドデザイン)のiPhone4・4Sケース

GILDdesign アルミケース ソリッドバンパー for iPhone4

ついに出会った、信頼のおけるiPhone4Sケース

iPhone4sを発売当日に購入したのだが、購入した当日に手をすべらせて落下させディスプレイを粉砕してしまうという、とんでもない失態をしでかしてしまった。

幸い、発売当日からすでにディスプレイのリペアサービスを開始しているお店があったため、早急に修理の依頼をしに行き、iPhone4Sはなんとか復活を果たした。

当初はハダカで持ち歩く予定だったのだが、この事件を機に「やはりケースを買わないとなあ」と思い直した。

このことを友人に話したところ、「おすすめのiPhone4Sケースがある」と、このケースを紹介された。

GILD design(ギルドデザイン) アルミケース ソリッドバンパー for iPhone4 シルバー

GILD design(ギルドデザイン)のケースの気に入ったところ

GILDdesign(ギルドデザイン)のケースの素晴らしいと思った点は以下の3つ。

  • シンプルで質実剛健なデザイン
  • iPhoneが頑丈に守られること
  • アルミ削りだしの質感

個人的にゴテゴテしたケースは好きでないので、GUILD design(ギルドデザイン)のシンプルなケースは一発で気に入った。

僕が手に入れたのは、バンパータイプのシルバーだが、直線的なボディが四方の角に近づくにしたがって、なだらかなカーブを描いているのがとても美しい。iPhoneを取り出すたびに、そのカーブを指でなでてしまう。

また当初ハダカで持とうと思っていた理由が、iPhone4Sのサイドの金属の素材感が好きだったからなので、金属のケースというのはそれだけで嬉しい。

そして、「iPhoneがきちんと守られる」ということに関しては、これ以上に丈夫なケースは他を見てもなかなか無いだろう。

GUILD design(ギルドデザイン)のケースをすすめてくれた友人は、実際に胸くらいの高さからiPhone4を落としてしまったことがあるらしいのだが、そのときもiPhoneは無傷であったという。

 

バイク部品メーカの削りだし技術が生きている

ギルドデザイン」は、元々は三重県亀山市でバイクの部品を製造している企業のよう。あいにく自分がバイクには疎いので、どれくらいの知名度なのかはわからないのだが。

しかし、強みの技術を生かして、時代に合った新しい製品を生み出していく姿勢は素晴らしい。バイク屋の血、遊び心がそうさせるのだろうか。

ギルドデザインに潜入レポート!というブログ記事を見つけた。社員の活気のある笑顔、とても手間をかけて一つのケースが作られていく様子をみることができる。

iPhoneは毎日使うため、こんなに手間をかけて作られたケースに守られているのかと思うと、これまで以上に大切に扱いたくなってくる。手を滑らせて落下させるなどということは、きっと無くなるだろう。

GUILD disign(ギルドデザイン) のiPhoneケースラインナップ

一般的にiPhoneケースの値段はピンキリなので、その中では高いケースの部類に入るが、素材と手間を考えれば妥当、むしろ僕は安く感じた。
バンパータイプ以外にも、より金属の質感を楽しめるケースタイプがあるので、お好みで選ぶと良いだろう。なお、GUILD design(ギルドデザイン)のiPhone4ケースは、4・4Sの両方に対応。

4S発売により、2011年10月現在、品薄状態らしい。まだ取り扱い中のショップはあるので、検索して探すと良い。 →Amazonで「ギルドデザイン iPhone4」を検索

コメントを残す