KODAWARI MONO

Information

This article was written on 12 4月 2012, and is filled under アイディアのMONO.

ZOOM R24 アイデアをすぐに録音、あとでPCで編集。進化したMTR

zoom_R24

PCとの連携を視野に入れた、進化したMTR

かつては自分も自宅録音にはまっていた時期があり、その頃に使用していたのはFOSTEXの16トラックMTR。

数曲それで曲を作ったのだが、使いこなすほどまでにはいかず、ほどなくPCでのDAWにはまっていった。

それ以来、「ハードウェアのMTRなんて需要あるのかな?」などと個人的に思っていたのだが、現在のMTR、ZOOM R24は、実に時代に合った進化を遂げたMTRであるらしい。MTRとしての性能はそのままに、PCとの連携を非常に考えて機能が盛り込まれている。

「アイディア出しや録音は機動力をもってやりたいけど、その後の編集はPCで緻密にやりたい」なんて人にとっては間違いなく「買い」なのではないだろうか。

ZOOM R24の4つの大きな機能

ZOOM R24は、特徴として以下4つの機能を備えている。

  • MTRとしてのレコーダー機能(8トラック同時録音、24トラック同時再生)
  • DAWに対応したフィジカル・コントローラー機能
  • PCへ音を入力できるオーディオインターフェース機能(8in2out)
  • パッドサンプラー機能(8パッド3バンク、計24ボイス)

また、これら以外の機能として、ZOOM R24には「ドラムパートを打ち込めるリズムマシン」「エレキギター用に150種類のDSPエフェクト」「高感度ステレオマイク」「チューナー&メトロノーム」が搭載されている。
特にギタリストにとっては、これ1台でデモ作りを完結できるほどの多機能ぶりであるし、PCへ音データを移行して作り込めば、CD作成のためにより完成度を高めることもできる。

ZOOM R24の使い方の例

個人的には、こんな使い方をしてみたい。

      スイッチを押してすぐに録音できるのがいい!PCでは真似できない
      まずは内蔵エフェクターでギターを弾きながらアイディアだし
      かっこいいリフができた!何小節か録ってサンプラー機能でループ化
      ループに合わせてフレーズを重ね、イメージを膨らませる
      内蔵リズムマシンでドラムを打ち込んでテンションを上げる
      内蔵マイクで仮歌も録っちゃうよ!
      こんな感じを複数回繰り返し、AメロBメロなどのパターンを作る
      そろそろまとめようか。データをPCにお引っ越し
      DAW上でパターンを切り貼りし組み合わせ、1曲分の長さにする
      イントロ、ソロ部分などを差し込んで、とりあえず全体完成
      必要に応じて、魂の一発録りで、全パートを弾き直したりする
      フィジコン機能を使って、DAW上でミキシング
      さあ、これで1曲完成!

以上は自分が想定した場合の使用例に過ぎないが、まだ使っていない機能も多い。ZOOM R24には、まだまだ多くの機能と可能性が秘められているので、ぜひ自分なりの使い方を追求して欲しい。

機能と比べてコンパクトな大きさを生かして、旅先での作曲などに挑戦してみるのもロマンがあるかもしれないし、自分と同じようにしばらくMTRから遠ざかっていた人でも、ZOOM R24の購入をきっかけに、どこか懐かしさを感じながらも、マンネリを打破して新しいスタイルでの作曲が可能になるかもしれない。

ZOOM R24、これだけの機能に対するコスパを考えると、充分にお釣りがくるほどの価値をもったMTRだ。

コメントを残す